FC2ブログ
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 10. 19  
なんとか勝ちました日曜日^^; 逆転勝ちというまたまた振れ幅の大きい試合内容・・・

腰が抜けそうになった保護者の方もいらっしゃったのでなないですか??(^^)

監督も心臓がいくつあっても足りないのではないでしょうか^^;


特に今年のチームはこんな試合が多いです・・・いや、粘り強さを考えれば前チームから受け継いだもので

しょうかね^^ シーソーゲームは前も多かったですし、前チームはそれで成長してきましたから。  

いずれにしても面白い試合をする子たちです。


「集中力」の話が前回ありましたが。

人間が本気で集中できる時間って意外と短いそうで、20分とか30分程度なんて話も聞きます。

野球の試合時間が2時間くらいだとすると・・・子供たちには2時間まるまる集中ってのは難しい話かもし

れませんね^^;


大事なのはやっぱり「メリハリ」でしょうか。野球って攻守の交代があるスポーツです。

攻撃の時にはベンチにいられる時間があるんですね。投手の投球と投球の間のインターバルもありますし、

こういった時間をうまく使って集中力をコントロールしていければいいですけど。

より集中が必要な時間はやはり守備についてる時のほうが長いですし、攻撃時は打席に入った時、ランナーと

して出塁している時でしょう。抜くときは抜いて、締める時は締める。これ大事ですね。


それよりもなによりも、まず目の前の試合に気持ちを向けるのが大切です。

ベンチで待機している選手もまず試合を見ることです。自分が試合に出ているつもりで見ること。

グラウンドに出ている選手に声をかけること。もちろん出ている選手たちもお互いに声を掛け合うこと。

「バッター4番だよ」「風が吹いてるから気をつけて」「あわてないでアウト1つづつ行こう」とか。

かける声なんてたくさんありますよ。

もう「さあこい!」「バッチこ~い」ではもうつまんないです^^;


そういったいろいろな声が、フィールドに立つ選手間とベンチから休むことなくかかるということは、

その試合にみんなが「集中」してるってことですもんね。こういう環境が、劣勢に立たされてもあきらめ

ない空気をつくるでしょうし、ファインプレーなどもこんな雰囲気が生むのだと、私は考えます。

そういう事が自然にできるチームが真に強いチームなんでしょうね。

今は・・・いい時はイケイケで声も出ているようですが、この間はソウスケが出てくるまでは・・シーン・・

だったなんて話も聞きました(^^; 普段から盛りたてていかなきゃ><
 
みんなで声を出して掛け合って行けば、リズムも良くなってきますし(~~)次はにぎやかに行きたいものです!




ランキングに参加しています
ポチッっとお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ


スポンサーサイト
NEXT Entry
ナイター練習!
NEW Topics
八ッ場ダムカップ開催
利根沼田第24回近郷選抜少年野球大会
JA杯 第二回戦 対 中之条小イーグルス
第6回八ツ場ダムカップ開催のお知らせ
第五回八ツ場ダムカップ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
長野原フェニックスFB

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。